アイクリーム クマ

アイクリームでクマを解消するには?くまの種類を知っておく!

アイクリーム クマ,アイクリーム くま,クマ アイクリーム 効果,アイクリーム くま 効果

アイクリームでクマを改善したい40代女性は、まず第一にクマの種類をしっかりと知ることがポイントとなってきます。

 

当サイトのランキングで上位にランクされているアイクリームであっても、クマの種類によっては効果が期待できない場合もあります。

 

それでは、クマにはどういった種類があるのか説明していきます。

 

アイクリームでクマ改善!〜クマの種類は全部で3つ〜

クマの種類は3つあり、それぞれの特徴などをまとめてみました。

 

茶グマ

 

  • 特徴

目の下の茶色いシミやくすみなどが集まり、まるでクマのように見えることから茶グマと呼ばれています。目を擦ることで生じたりする場合があります。

 

  • 見分け方

コンシーラーで隠すことができます。

 

目の下の皮膚を引っ張った際や上向きにしても、薄くなることはありません。

 

  • 対策

シミなので美白成分配合の化粧品でスキンケアを。

 

また、紫外線対策することで予防に繋がります。

黒グマ

 

  • 特徴

下まぶたのたるみが黒っぽく見えることから、黒グマと言われてます。もっとも多いタイプのクマとなっていて、年代では20代後半頃から目立ってくる人もいます。

 

  • 見分け方

コンシーラーで隠すことができません。

 

黒グマはたるみなので、顔を上向きにすることで薄くなって見えます。

 

  • 対策

目元のたるみ対策が必要なので、真皮のコラーゲンやエラスチンを増やす成分&血行促進作用のある成分配合のアイクリームが効果的です。

 

体質的にむくみやすい女性は、冷たい飲み物や塩分を控えましょう。

青グマ

 

  • 特徴

冷え性の人がなりやすく、血行不良によって血液が青黒く皮膚から透けて見えるものを青グマといいます。

 

生まれ持っての体質的なものですが、年齢を重ねることで目もとの皮膚が薄くなって目立つようになります。

 

  • 見分け方

コンシーラーで隠すことが可能です。

 

幼少の頃からクマがある場合は、青クマであるケースがほとんどでしょう。
寝不足だと濃くなり、目の下の皮膚を引っ張ると薄く見えます。

 

  • 対策

皮膚が薄くなると目立つので、ハリ・弾力ケアが必要となります。また、血行不良の改善も大切になるので、レチノールやEGF配合のアイクリームを使うと良いです。

以上、三種類のクマの特徴や対策方法をご紹介しました。

 

茶グマはシミなので、美白に適したケアを行ないましょう

 

 

≫≫美白&シミ対策用のアイクリームの条件とは?

 

 

黒グマはたるみですから、たるみ対策のページを参照してください。

 

 

≫≫目の下のたるみを改善するアイクリームとは?

 

青グマに効果的なアイクリームとは?

青グマは血行不良が原因ですから、血流を改善する作用が強い肌再生成分のEGFとレチノール配合のアイクリームを選ぶのが理想的です。

 

ただし、青グマは冷え性という生まれつきの体質が大きく関係しているので、日常から運動などを心がけて血行を良くしていきましょう。